時間管理が仕事の鍵

「転職したい」と考えている方達の大多数が、現在より高い給料がもらえる会社が見つかり、そこに転職して実績を積み上げたいという希望を持っているように感じます。

「転職したいと思っても、何から始めればいいのか全く見当がつかない。」などと愚痴をこぼしている間に、時間だけが無常にも経過して行き、結果的にズルズルと今の仕事をやり続ける人が大半だと言えます。

「仕事内容が単純でつまらない」、「職場環境が気に入らない」、「もっとスキルアップをしたい」という理由で転職したいとしても、上司に向けて退職したいと告げるのはどうも躊躇いがちです。

「就職活動を開始したものの、これは良いと思える仕事が容易に見つけられない。」とボヤキを入れる人も多いようです。こういった人は、どういった職があるかさえ認識していない事が殆どだと言っていいでしょう。

時間管理が鍵となります。職場にいる時間以外の特にやることがない時間のほとんど全てを転職活動の為に費やすくらいの意気込みがなければ、事がうまく運ぶ可能性は低くなると思っていてください。

現在の業務にやりがいを感じることができたり、職場環境もパーフェクトである場合は、今働いている会社で正社員になることを目指すべきだと思います。

就労先は派遣会社が仲介したところということになるのですが、雇用契約については派遣会社と結ぶことになるので、そこで理不尽な扱いを受けた場合は、派遣会社に改善の申し出をするというのが現状のルールです。

現時点で派遣社員として働いている方や、今から派遣社員として就業しようというような方も、いずれ安定性が望める正社員になりたいのではありませんか?

「何とか自分自身の技術力を発揮できる仕事に関わりたい」、「使命感を持ちながら仕事をやりたい」など、理由は異なっても正社員を見据えて努力している方に、正社員になるために意識しなければならないことをお話させて頂きます。

「転職する企業が確定した後に、今いる職場を辞めよう。」と考えているとしたら、転職活動に関しましては同僚はもちろん、誰にも悟られないように進行させましょう。

「非公開求人」と呼ばれているものは、決められた転職エージェントだけで紹介されると考えられがちですが、異なる転職エージェントでも同じ非公開求人案件を紹介されることがあるということを覚えておきましょう。

転職サイトを先に比較・取捨選択した上で登録すれば最後までうまくいくなんてことはなく、転職サイトへの会員登録を終えた後に、頼もしい担当者を見つけ出すことが肝心なのです。

「現在の就業先で長い期間派遣社員として仕事に従事し、そこで実力の程を見せつけることができれば、最終的には正社員へ登用されるだろう!」と考えている人も相当いるかと思います。

私自身は比較・検証の観点から、5社の転職サイトに会員登録したわけですが、数を増やしすぎても扱いに困ってしまうので、現実問題として3〜4社位に留めておく方が堅実だと思います。

それでも迷うという方は、業種をしぼってみるのはどうでしょうか?
介護、プログラマー、工場など・・・

業種をしぼるだけでも就職はしやすくなります。

今オススメなのは、きらケア介護求人。
介護や福祉など、きらケア介護求人には豊富な求人があります。

未経験OKなのではじめやすいですよ。

では就職すること自体が難しいと指摘されている時代に、苦労して入れた会社を転職したいと望むようになるのはどうしてなのでしょうか?

というわけで次回は、転職したいと考えるようになった大きな要因をご案内させていただきます。
お楽しみに。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*